本文へ移動
医療を通じて地域に貢献します。
曽於医師会立病院は、鹿児島県曽於市を拠点に地域のみなさまのくらしを支える医療機関です。
コスモスロード
場所:鹿児島県志布志市有明町
弥五郎どん像

場所:鹿児島県曽於市大隅町
桐原の滝

場所:鹿児島県曽於市財部町

お知らせ

災害医療訓練 ~災害時の医療体制を保つため~
2024-02-13
当院は曽於医療圏の災害拠点病院に指定されており、災害対応の質の向上のため、定期的に災害医療訓練を実施しています。コロナ禍で実働訓練が満足にできず、今回3年ぶりに実働訓練ができました。

今回は実際の訓練と並行して、新入職者や未経験者を対象に、例年より規模を縮小し各場面で解説を行い、実際の動きを確認しながらの訓練でした。設定はM9.0の大地震が発生したというもので、医師や看護師を始め、病院内各部署のスタッフが集結し、災害委員やDMATメンバーが中心となり、自主参集、本部設置、ゾーニング、トリアージなどの対応を行いました。

さらに、電子カルテの運用を開始して約5年が経過し、その利用が当たり前のように感じられる状況になりましたが、災害時も電子カルテが利用できるとは限りません。そのため、今回は電子カルテの使用ができない設定で、紙伝票を用いて必要な検査などを行う訓練も実施し、その他の院内のライフラインも再確認しました。

今回の訓練を通して、様々な状況を想定した訓練を定期的に実施することが重要であると改めて認識することができました。今後も日頃から防災意識を持ち、災害拠点病院としての役割を果たせるよう、訓練を積み重ねていきたいと考えています。
災害拠点病院とは・・・
各都道府県の二次医療圏ごとに原則1か所以上整備されており、当院は地域の災害拠点病院に指定されています。災害時における初期救急医療体制の充実強化を図るための医療機関を指します。

当院では定期的に訓練を行い、災害時対応の質を高めています。

曽於医療圏(曽於市、志布志市、大崎町)では曽於医師会立病院が指定されています。
新ユニフォームに変わりました!
2024-02-01
総務係、医事係、診療情報管理室等の制服が変わりました。従来のスカートからパンツスタイルに変更され、機能性や動きやすさにも優れ、職員から仕事のモチベーションも上がると好評のようです。
今後も笑顔と温かな心で、迅速で親身な対応を心がけてまいります。お困りごとなどありましたら、お気軽にお声掛けください。
よろしくお願いいたします。
広報誌「かけはし」vol.7を発行いたしました
2024-01-29
感染対策向上加算連携カンファレンス&感染対策訓練
2023-12-11
~楽しく学べた感染対策ボードゲーム~
2023年12月23日(土)に地域の医療機関と連携カンファレンス、感染対策訓練を行いました。こちらは、連携医療機関と年2回のカンファレンス、および1回の訓練が必須となっています。

今年は各医療機関がそれぞれチームとなり、感染経路別に感染対策を考え、グループ内でディスカッションをするボードゲームを行いました。

ゲームのミッションは病院を感染から守ること!

制限時間内に最も多くの病院の感染を救った(Saveした)チームが勝利となります。問題(Case)に対して、必要な感染対策のアイテムを回答します。回答する時は手持ちのコインを賭け、コマをすすめたり、回答したり、楽しみながら感染対策についてディスカッションができました。感染対策を楽しく学べたことはもちろんですが、アンケートの中に「地域の医療機関の皆さんと顔を合わせ、職種問わずコミュニケーションがとれたことはとてもよかった。」と多くのご意見がありました。

これからも曽於医師会立病院は、地域の医療機関と連携して感染対策にも取り組んでいきます。
参加された医療機関スタッフの皆様ありがとうございました。
速報!!優秀ポスター演題賞の受賞について(第1回日本膝関節学会)
2023-12-12
この度、当院勤務の大西 啓志朗先生が第1回日本膝関節学会にて『優秀ポスター演題賞』を受賞されました。

先生、受賞おめでとうございます!

※左側が大西先生
感染予防を拡げて、感染症は拡げないために
2023-12-11
感染防止対策研修(ポスター研修)を開催しました!
ポスター研修は、職員の感染対策への意識向上を目的に、感染制御チームが検討を重ね昨年から始めた研修です。自部署以外での取り組みや他職種が気を付けているポイントなどの理解を深めることができました。多職種連携の場でもお互いのことを理解していれば申し送りや情報提供がスムーズにできるのではないでしょうか。

テストは同時に複数の職員が受けますが、問題用紙は異なるものが配布されるので各自必死にポスターと睨み合っていました…。そういう私も今、答案の返却をドキドキしながら待つ1人です。

※ポスター研修とは
 1. 各部署の感染委員が自部署の感染対策をまとめたポスターを掲示
    
 2. 全職員が閲覧(会場および電子カルテからも閲覧できるようにしました)
    ▼
 3. それぞれテストを受ける(数パターン準備された中から1枚のテスト用紙が渡されます)


【各部署のテーマ】
 ● 外  来 ● 真空管による採血について
 ●中材・手術室● 洗浄・消毒・滅菌について
 ●1階病棟● 吐物処理について
 ●3階病棟● CVポート針留置について
 ●4階病棟● 飛沫予防策が必要な感染病床の環境整備について
 ●給食栄養士室● 安全に食事を提供するために
 ●リハビリ室● リハビリにおける感染対策の取り組みについて
 ●臨床検査室● 喀痰検査(微生物検査)採取のポイント
 ●放射線室● COVID-19感染者検査後の清拭ポイント
 ● 薬  局 ● 抗菌薬適正使用について

これらのポスターは12/23~1/31まで1階中央廊下(内視鏡室前)に掲示予定です。当院での感染対策について皆様に知っていただき、また各家庭でも参考になる内容となっております。
分かりやすく見やすいよう各作成者が工夫を凝らしました。来院の際は、ぜひお近くでご覧ください。
(テストはありません ;^_^A)
池満先生、1ヶ月間お疲れ様でした。
2023-12-08
11月1日~30日の間、鹿児島大学病院の池満仁司先生が当院で初期臨床研修(地域医療)をされました。

素敵な笑顔で患者さんだけでなく、職員にも大人気でした。

また当院で勤務される際には、よろしくお願いします。
令和5年秋 大隅会を開催しました
2023-11-15
広報誌「かけはし」vol.6を発行いたしました
2023-10-25
大隅会(ストーマ家族会)のご案内
2023-10-20
住所:鹿児島県曽於市大隅町月野894
TOPへ戻る